CBDオイルはどんな風に感じるのか?

CBDオイルの有用性および副作用に関する質問は、ヘンプメッズに寄せられる最も一般的な質問のひとつです。人々は、CBDオイルはどんな風に感じるのか知りたいと思っています。

ヘンプメッズのお客様は数多くの理由でCBDオイル製品を使用しているので、それぞれがCBDオイルを使用した際に感じている有効性を全てまとめるのは簡単ではありません。しかし、本記事ではCBDオイルを使用した際に感じる可能性がある身体的効果の一部を紹介します。

まずCBDオイルは精神を活性化させないことを理解するのが大切です。ヘンプからCBDオイルが作られる場合、オイルだけで精神を活性化させることはできません。CBDオイルはほんの微量しかTHCを含みません。最も高濃度のCBDオイル製品においても、推奨される摂取量で精神活性作用を感じることはありません。

全てのカンナビノイドと同様、CBDは体内のエンドカンナビノイドシステムと相互作用します。エンドカンナビノイドシステムの役割は、外部の影響および変動にかかわらずシステムにおける均衡を維持すると定義される、体内の恒常性を維持することです。日々、私たちを取り巻く世界はバランスを崩そうとしてきます。エンドカンナビノイドシステムが私たちのバランスを守るように作用しているのです。

実質的にCBDのようなカンナビノイドは、バランスを促進するためにエンドカンナビノイドシステムと相互作用します。このバランスが、最高のパフォーマンスを日々達成すること、ならびに外部ストレスや環境の変化により良く身体的に適応することを可能にします。

CBDオイル製品の常用者はよく、エネルギーの増大や睡眠パターンの改善を感じたと報告しています。気分・免疫系反応におけるエンドカンナビノイドシステムの役割と組み合わせたとき、CBDオイル使用者は全体的により優れたパフォーマンスを体験することが多いです。

また一部の使用者は、リラックスの向上感を得たという報告もあります。「精神活性化」と誤解される可能性がありますが、これは単にCBDによる効果であり、THCのネガティヴな効果と混同されるべきではありません。ヘンプメッズの全製品は非精神活性的なので、家族全員が安全に使用することができます。