CBDオイルは自然なバランスを作りだす!

CBDオイルの利用者が、カンナビスをなぜ使用し、どのような恒常性があり、体に恩惠を受けられるのか、その理由を探求し、現在の知識をまとめます。

医療大麻の利用者でありバレージャーナルの記者である、ブーン・ゴダード(Boone Goddard)が、カンナビノイドの研究から何を学び、なぜ彼らが、このような広範な病気に効果があると信じているのかを、説明します。

ゴダードは、不特定の病気のためにCBDオイルを使用してきており、効果があると言っています。彼はなぜそうであるのかを調べることに対して、強い好奇心がありました。ここでは、彼が発見したことをご紹介します。

ゴダードは、1つの事を除けば無関係であるように見える病気の長いリストを引用することからはじめます:1つのこととは、これらの病気に苦しむ人がCBDオイルの利点を報告しているということです。一体どのようにして、1つの物質がすべてを行うことができるのでしょうか?

ヒトの内因性カンナビノイド・システム

私たちは長期にわたり、私たちの体をサポートしているほとんどのシステムについて知っています。骨格系、消化器系、内分泌系、呼吸器系など。しかし、ヒトの内因性カンナビノイド・システムは、1988年に発見されたばかりであり、その機能は広く理解されているものの、それは私たちの健康を維持する上で重要な役割を担っているという程度のことしか知られていません。

私たちが内因性カンナビノイド・システムについて知っていることの概略

内因性カンナビノイド・システム (ECS) は、脳と体全体の細胞で見い出されているCB1 と CB2 受容体として知られている受容体で構成されています。CB1 受容体は、主に脳に集中しており、一方、CB2 受容体はその他のどこ場所にも見られます。CB1 受容体は、脳幹を除く脳のすべての領域で生じます。ゴダードは、脳幹での受容体の欠如は、過剰投与のチャンスがないことを意味していると言います。

受容体が発見されると、科学者は、一体何がこの受容体に結合するのか疑問に思いました。そして、1992にその答えが公表されました。私たちの体は、カンナビス植物で発見されたカンナビノイドによく似た物質を生成します。それらは内因カンナビノイドと呼ばれており、私たちの食欲と代謝がどのように働くか、痛みがどのように感じられるか、私たちはどのように眠るか、どのように物事を覚えているか、どのように私たちの体は健康的なバランスをたもつかといったようなことを制御している神経伝達物質として働いています。

植物分子は、私たちの体が分泌する分子と同じように働きます

内因性カンナビノイドは明らかに重要な役割を果たしています。しかし、これは奇妙で素晴らしいことです!植物のカンナビノイドは、私たちの体が生成するものと同様に、私たちの受容体にぴったり一致するのです。ゴダードが、受け入れることができる研究で発見できた限りでは、内因性カンナビノイド・システムは、恒常性-私たちの健康を維持する体内のバランスーに関する役割を果たすと考えられています。

私たちの健康問題を解決するために必要なものは「バランス」でしょうか?

ゴダードは、「インバランス(不均衡)」とは何から成るのかを説明します。例えば、癌においては、異常な細胞は、制御されていない方法で分裂します。アポトーシスは、細胞が「自殺する」プロセスです。異常な細胞がそうしないと、彼らは増殖し、その結果癌になります。ゴダードは、カンナビノイドは、自分自身を殺すように異常な細胞を説得する役割を果たしていると言います。そしてその場合、なぜカンナビスが、癌細胞を死滅させる原因であると言われているのかを説明できます。

彼は、ニューロンがあまりにも急速に刺激され、それにより、カンナビノイドが治療に有効であると考えられているもう一つの症状である、てんかんを引き起こすことを指摘します。一方で、PTSD は、脳が、記憶を忘れたり鈍化したりという通常の過程を経ることができない症状です。そして、彼はカンナビノイドがその能力を回復できると考えています。ほかにもまだ例はたくさんあります…。

ゴダードが学んだと言っていること:CBDオイルは薬です

ゴダードはカンナビスについて3つのことを学んだと言います。第一に、それは薬です。2番目に、それは、体が自然なバランスを維持することを助けます。そして、3番目に、私たちが、CBDオイルを十分理解できるために、そしてどのように作用するのか知るために、多くの研究が必要です。