CBDオイルを選ぶ上で大切なこと

販売されているカンナビノイドをあてずっぽうで選ばないでください!

もしあなたが販売されているカンナビノイドを探しているのであれば、おそらく、それは正しい道に進んでいるでしょう。
しかし、あなたはどのように情報を得ているでしょうか。あなたが求めているカンナビノイドがどんなもので、オンランで販売されているCBDオイルに、ウェブサイトが主張しているものが実際に含まれているのかをどのように知るのでしょうか?ほとんどの国では、あなたの地元の医療保険商品を販売している店においては、いっそう幸運は巡ってきません。販売しているカンナビノイドと称するものを見つけることはできますが、残りの疑問には答えられないままです。

あなたが探している特定のカンナビノイド

あなたはTHCを探していますか?それともCBDを探していますか?最近販売されているカンナビノイドオイルのほとんどには、その両方が含まれています。しかし、それの製品を実際に使ったときの効果にとっては、カンナビノイドのバランスが重要です。もちろん植物由来のカンナビノイド抽出物には、どんな製品でも他のカンナビノイドが含まれていますが、THCとCBDが最も広く調査されており、潜在的な健康への利点と潜在的な特性を広範囲に提供してくれるのです。

実際、THCとCBDは似通った特性を多く共有しており、どちらも医薬品として用いられる可能性がありますが、それらの間には大きな違いが一つあります。
THCはあなたを精神活性を引き起こしますが、CBDはそうではありません。あなたが精神活性にはならずに、臨床試験において非常に有望であると示された自然療法の恒常性を見出したいのであるとすると、販売されているカンナビノイドオイルの中で特別なものを探す必要があります。

マリファナ対ヘンプ

マリファナは、可能な限り最も高いTHC含有量と最も低いCBD含有量を持つ世代を得るために、改良され選択されてきました。CBDが実際にTHCの精神効果を打ち消すためであり、マリファナを栽培しているときは、精神活性を引き起こすことを目的として栽培しているということなのです。

一方、ヘンプは、低いTHC含有量(0.3%未満)の系統を得るために改良されてきており、特定の品種は、痕跡程度のTHCと、その代わりに高濃度のCBDを含んでいます。高濃度のTHCを含むマリファナの「強い」系統が得られるように、他よりも多くCBDを含むヘンプの強い系統もあります。

もしあなたが、植物を、多くのカンナビノイドのカクテルを保持するだけの器だとみなせば、もっと理解しやすくなります。

販売されているカンナビノイドオイルを見つけました。この製品はCBD含有量が高いことになっています。
それが本当かどうかどのように知ればよいでしょうか。

今、私たちは非常に面倒な疑問を持っています。ボトルの中に、実際に何が入っているのかどのように知ることができるでしょうか。第三者機関による何らかの証明がない限り、製造者はそのCBDオイル製品について好きなことを述べることができ、私たちは、そのCBDオイル製品を使用し始める時ですら、そのことが本当かどうか言うことができません。

明らかに、もしあなたが精神活性を引き起こすようなことがあれば、それほど高いCBDを含有しているわけではないといえますが、他のカンナビノイドも存在することを思い出してください。そのため、たとえあなたが精神活性にならなかったとしても、まだ、あなたがどのくらいのCBDを服用したのかはわからないのです。

FDA(アメリカ食品医薬品局)が、規制の方式に手をつけて、ヘンプオイルが医薬品としてではなく食品としてのみ用いると偽ることをやめるのにどのくらい時間がかかるか、広く知られています。もちろん、料理用のヘンプオイルは存在しますが、それは、恒常性の維持には達していません。そのため、あなたが販売されているカンナビノイドを探しているとき、あなたのほしいCBDオイル商品を探す助けということを考えるとFDAは重要ではありません。

結局のところ、私たちは手に入るものを手に取るしかないのでしょうか。

幸運にもEUはわずかに先行しています。ヨーロッパの製造業者は適正製造基準(GMP)の認証を取得できます。この基準を達成するために、消費者の健康に脅威を与えない適正な製造基準を順守するだけでなく、適正な研究室基準や臨床基準に従わなければなりません。

特に、その製品を健康補助品として販売している場合は。つまり、彼らは、自分たちの製品について、使い古した言葉を言うだけでは、消費者を信用させることは期待できないということです!もし、彼らがヘンプオイル製品にある割合でCBDが含まれているというならば、実際にそのことを証明しなければならないのです。

認定されていない商品に、山勘をかけるようなことはしないでください。

カンナビノイドの濃度の問題だけではありません。植物がどのように栽培されオイルがどのように抽出されたのかについても、あなた自身で尋ねなければなりません。

植物由来の抽出オイルは高度に濃縮されており、植物に含まれていたものすべてが濃縮された状態で含まれているということを忘れないでください。そして植物材料に残っている農薬もまた含まれていることも忘れないでください。

また、抽出オイルを得るための抽出方法がすべて、「クリーン」な工程というわけではありませんではありません。カンナビノイドオイルの抽出に関するフォーラムを確認すれば、あなたが気付く以上に、溶媒に関する言及を見つけることができるでしょう。

それらの溶媒には何が入っていますか?また、あなたのオイルにはそれがどのくらい入っていますか?勘に頼らないことがベストです!(そうすれば)あなたをよりよくするもの(あなたの状態を少しはましにするもの)ではなく、あなたが信頼するものにたどりつくことができるでしょう。

結論からお伝えすると、あなたが探しているカンナビノイドが何か、また、それらがどのような有益な成分なのかを知りましょう。
GMP認証を探しましょう(現時点で得られる最高の保証です)。用いられている工程や、どこでどのように植物が栽培されているのかについて知りましょう。

これらの問題をクリアにする価値は十分にあります。そして、絶対に、ただ販売されているカンナビノイドをどれでも買えばいいというわけではないことを決して忘れないですください。