CBDオイル・サプリメントってどんな味?

初めてCBDオイルを利用する消費者は、CBDオイルがどんなものを予想したらよいのか分かりません。本日は、CBDオイルのフレイバーと一般的なCBDサプリメントの摂取方法について取り上げます。

CBDオイルはどんな味がするの?

それはあなたが選ぶ製品によって異なります。

例として、ヘンプメッズの最も人気な製品、RSHOブルーラベル・ピュア・ヘンプオイル経口外用器を見てみましょう。RSHOブルーラベル・オイルは未精製の脱炭酸化オイルで、土のような、または草のような味と言われています。

人々が味として感じているのはヘンプ草のクロロフィル、ならびにヘンプ草の香りはフレイバーの要因である有機化合物、ナチュラルなテルペンの混合物です。顧客の多くがこのフレイバーを選ぶ一方、他の人はだんだん好きになると言います。

しかし、もしあなたがCBDオイル・サプリメントの“緑っぽい”フレイバーを避けたいなら、ヘンプメッズはヘンプの天然フレイバーを感じさせない数多くの製品をご用意しています。

ヘンプ”の味を避けたい人のための製品

一つにはRSHOゴールドラベル・ピュア・ヘンプオイルがあります。ブルーラベル・オイルと同様に、RSHOゴールドラベルのオイルはCBD含有量を最大化するために脱炭酸化されていますが、RSHOゴールドはヘンプ草のクロロフィルの大半および余分な植物原料を除去する付加的ろ過法を経ているため、黄金に輝く、より上品な味のオイルができます。

また人気製品RSHOの便利なカプセルもお勧めします。RSHOのカプセルは、CBD25mg、カルシウム200mg、ターメリック根粉パウダー、ホワイトウィロー樹皮の自社ブレンドで形成されており、土っぽい味を感じることなくCBDオイルの有益を楽しめる素晴らしい手段になっています。

また自分でヘンプオイルのカプセルを作ることもできます。

より微細な味を求めている場合、顧客の多くはディクシー・ボタニカルズ・デュー・ドロップスを選んでいます。この効力が弱めのチンキ剤は天然のシナモン、またはペパーミント・エッセンシャルオイルで味付けされているため、ヘンプのクロロフィルの味を覆い隠します。これらのチンキ剤は1日を通して、CBDを摂取するために口内にスプレーするだけでよいのです。

最後に、RSHO-XのTHCフリーCBDオイルは純CBDアイソレートを99%、持続可能に供給されたMCTオイルを利用して調合されています。全草ヘンプオイルの代わりに分離したCBDを使用しているので、RSHO-Xにはヘンプオイルの味がせず、ほぼ無味です。

味を感じずCBDオイルを摂取する方法

CBDオイルの味を覆い隠す、または軽減させる数多くの摂取方法もあります。

顧客の一部は、RSHOピュア・CBDオイルをスプーン1杯のアイスクリームにかけて食べると簡単に飲み込めると、この方法を選んでいます。この方法ではオイルの活性化合物を舌下で吸収することができませんが、味の障壁を除去するのには素晴らしい選択肢です。

同様に、RSHO経口外用器またはリキッドを使用してCBDオイルの1日分量をスムージーに混ぜるという顧客もいます。ヘンプの緑っぽい味はほうれん草とケールとよく合います。また桃やベリー類、パイナップルなどのフルーツの甘さがクロロフィルの苦味を和らげてくれます。

CBDオイルやヘンプメッズのサプリメントについてもっと知りたい方は、教育ページを訪れてください。またヘンプオイルの日常に取り入れるためにオンラインショップをご利用ください。