CBDオイル・ルーティーンを組み合わせよう

ヘンプメッズ教育ページでは、各製品の違いを丁寧に解説しながら、適切なCBDオイル製品選びの大切さについてよく考察しています。

それでも自分のニーズに合うぴったりの製品がなかったら?自分にとって理想的なヘンプCBDオイル・ルーティーンが複数のCBD製品から引き出されていたら?ヘンプメッズは多様な製品シリーズから、独自のCBDオイル計画を作るのを助けます。

お客様に製品をお勧めする前に、毎日摂取したいCBD量について聞きます。この数字が毎日のCBD濃度を決めます。とはいえ、ヘンプメッズはいつも、少ない量から始めて、望むCBD摂取量まで増やしていくことを推奨しています。このやり方は、個人のニーズにぴったりのルーティーンを調節するのに役立ちます。

一部のお客様は、朝または夜寝る前など1日1回分CBDオイル製品を摂ることを好みますが、その他多くは1日を通してCBDオイル製品を使用することを好みます。1日を通じたCBDオイル・ルーティーンの主な利点は、CBD量の上下変動がなく、1日中体内のCBD量を維持できることです。

組み合わせ方

お客様に人気の組み合わせ方は、大小の選択肢を合わせることです。この場合、RSHO製品のCBDオイル口内外用器、またはMCTリキッドなどの製品で、1、2回多めのCBD量を摂取します。そして1日を通じたカンナビノイド量を増補するために、多めのCBD量摂取の1回目と2回目の間は、ディキシー・ボタニカルズ・デュー・ドロップス・チンキ剤スプレー、またはヘンプヴァップのCBDオイル・ヴェポライザーといった低効力の製品を使用します。

その他、同量のCBDを1日の間違により頻繁に摂取することを好む人もいます。このアプローチの場合、RSHOリキッドなどの1つの製品を1日に複数回、たとえば朝食、昼食、夕食時などに分けて摂取します。また複数の製品を使用することも選べます。たとえば体内の一貫したCBD量を保つために、RSHOヘンプCBDオイル・カプセルとキャンチュウ・チューインガムを、間隔を置いて摂取できます。

最後に、一部のお客様は、RSHOのラベルを組み合わせています。特にこういったお客様は、CBDaをより多く含む、脱炭酸されていないRSHOグリーンラベルとCBDを含む脱炭酸済みのRSHOブルーまたはゴールドラベル製品を組み合わせる傾向にあります。このやり方では、ヘンプCBDオイル・ルーティーンにおいてより完全なカンナビノイドの数々を網羅できます。