CBDオイル製品は犬にあげても安全なの?

ますます多くの犬向けのCBDオイル製品が出回っています。そのため多くの人が、愛犬にCBDをあげるべきか質問してきます。

人間と同じように犬にもCBDを補給してあげることは実際可能です。何故なら全ての哺乳類、おそらく全ての脊椎動物は、カンナビノイドと相互作用する体内システム、エンドカンナビノイドシステムを持っているので、ペットはあなたと同じようにCBDから利益を得ることができる可能性があるのです。

ヘンプの利点は、エンドカンナビノイドシステムとの相互作用を通じて、体内に元々備わっている調整プロセスに作用する大麻草の能力から生じます。エンドカンナビノイドシステムは、免疫反応、細胞間伝達、食欲ならびに代謝の調節を含む恒常性の維持に関与しています。この人間と他の哺乳類の明らかなつながりのため、一部の飼い主はペットに対してヘンプ入りの製品を与え始めているのです。

CBDは精神作用せず、無毒で、動物においても耐容性が高いので、多くの消費者にとって愛犬にあげるのに選ばれているカンナビノイドです。
精神活性効果がなく、安心してペットにあげることができるのです。

一部の人々はすでにヘンプメッズのCBDヘンプオイル製品をペットに与え始めていますが、忘れないでいただきたいのは、投与量はペットの大きさや体重によって大きく異なる可能性があることです。愛犬にCBDを与え始める時は、少量から始め、少しずつ増やしていくのが良いでしょう。

RSHOピュアCBDオイル

RSHOピュア・ヘンプオイルは、指に垂らしてペットに舐めさせたり、おやつにつけたり、また食事に混ぜたりすることができます。RSHOピュア・ヘンプオイルは高濃度のCBDを含むので、少量から与え始め、1、2週間ごとに量を増やしていくのが良いでしょう。 加工が最小限であることとバランスのとれたCBDおよびCBDa濃度を理由に、多くの飼い主がRSHOグリーンラベルを選んでいます。

RSHOチンキ剤

同様に、フレイバー無しのRSHOチンキ剤も、ペットの食事に加えたり、直接口内に投与したりすることができます。ヘンプメッズのチンキ剤のCBD濃度は低いので、少量のヘンプオイル投与量が測りやすくなります。

RSHOリキッド

CBDオイル・リキッドは、ピュアCBDオイルと中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCT)油を組み合わせています。この便利なリキッドは簡単にペットの食事に加えることができます。しかし、CBDオイルのクリエイティブな与え方として、CBDを使用したおやつを作ってみてください。
CBDオイルを使ったおやつを家で作ることで、ペットの食事に何が含まれているか明白に知ることができ、入れたい分のCBD量を簡単に加えることができます。以下のレシピでは、1分量に0.65mgのCBDを含むおやつが約60個作れます。

材料

RSHOリキッド        小さじ1杯
バージン・ココナッツオイル  小さじ2/3
クリーミー・ピーナッツバター ½カップ
はちみつ           ¼カップ
チキンスープ         1カップ
押しオート麦         1カップ
全粒粉            1カップ
中力粉            1カップ

1. ピーナッツバター、はちみつ、RSHO、ココナッツオイル、チキンスープを混ぜる
2. 別のボウルで粉類とオーツを混ぜる
3. 2に3を混ぜ入れる
4. 小麦粉をまぶした台に生地を置く
5. 1/4インチ(63.5mm)の厚さになるように生地を伸ばす
6. 2インチ(約5cm)のクッキー型を使って型取り、クッキングシートに並べる
7. 残りの生地を伸ばし、可能な限り多く型でくりぬく
8. 14〜16分焼き、焼きあがったら冷ます
9. 約60個のおやつができる

CBDオイルのペットへの与え方に関係なく、ヘンプメッズ製品はその安全性と一貫性に関して3度研究所で検査しています。CBDヘンプオイル・サプリメントに効力があり、またカビ、白カビ、細菌、化学物質、重金属などの汚染物質が含まれないことに関しては安心してください。