各メーカーの特徴・品質について

HempMeds社

CBDオイルの業界におけるパイオニアであり、未だに揺るぎないトップ企業と言えるのが、このヘンプメッズ社です。2012年にメディカル・マリファナ社の子会社として創業。ヘンプメッズの名が特に知れ渡るようになったのは、健康に苦しむ子供たちがそのCBDオイル製品を使用していたことからでした。その製品は常に一定した品質管理がなされ、ユーザーの信頼を勝ち得ています。第三者試験機関において、3回の検査試験を行ったのも、ヘンプメッズ社が先駆けて行ったことのひとつであり、濃度や汚染物質などを厳しくチェックしています。

Dixie Botanicals社

ディキシー社の製品コンセプトは、「便利で、消費者側にフォーカスし、CBDオイルを簡単に摂れるようにする」ということ。手軽でありながらも、ハイクオリティなCBDオイル製品を毎日の習慣に組み込めるように配慮されて作られています。
ずっと手軽に続けてほしいというコンセプトは、その価格帯にも表れており、誰もがCBDオイルにアプローチしやすいように、考えられて製品化されていることがうかがい知れます。ヘンプメッズ同様に第三者試験機関において、3回の検査試験を行い、濃度や汚染物質など徹底した品質管理を行っています。

Endoca社

エンドカ社はヨーロッパ企業。エンドカのCBDオイルは、100%ヨーロッパ産。ナチュラルでオーガニックであることはもちろん、厳しい品質試験を通され、完全に合法化されたCBDオイル製品づくりをモットーとしています。CBDa(カンナビジオール酸)を配合している「RAW(生)シリーズ」は、生のCBDの可能性を追求したCBDオイル製品です。
本質を重要視したCBDオイル製品を、実直に世の中に供給していくこと。その企業姿勢に今後のスタンダードとなり得る可能性を見いだせる、それがエンドカ社なのです。

Bluebird Botanicals社

医療大麻がいち早く解禁されたコロラド州。まさにCBDオイルの本拠地でビジネスを展開しているのが、このブルーバード・ボタニカルズ社です。CBDオイル製品は、厳しい第三者機関による分析試験を経て、品質保証されており、土壌や品種にも徹底的にこだわって作られています。最終製品のみならず、そのプロセスをも重視し、栽培者とのフェアな関係構築や、抽出法にも最新の注意を払っています。CBDオイルの特徴は、スタンダードなヘンプエキスにハーブ成分を配合することで、アントラージュ効果を生み出しやすいことにフォーカスしています。