ヘンプメッズ社についてヘンプメッズ社について

ヘンプメッズ社の会社概要とCBDオイルについてよくあるご質問Q&Aのご案内です。本社HPより翻訳し、掲載しております。

ヘンプメッズ社 設立概要

ヘンプメッズ社 設立概要

HempMeds®は、CBDオイル業界のパイオニアと天然物の専門家のチームにより技術革新を推進しています。その才能を引き出すことで、私たちは、CBDオイルを中心とする最高品質の消費者向けCBD製品を提供していることを誇りにしています。

ヘンプメッズ社はCBD製品において、世界No1の企業です。

ヘンプメッズ社の品質基準がCBD業界をリードしているために、ヘンプメッズは、Trusted CBD Source™(信頼できるCBDの供給源™)となりました。ヘンプメッズは、科学が私たちの最大の味方であると信じており、そのために、常に改善し、革新することを目指しています。このことが、私たちがカンナビノイドの研究、専門教育、CBDオイル製品開発にかなりの資源を投入する理由です。科学への献身は、当社独自のヘンプの種子から市場にもたらす一つ一つのCBDオイル製品にまで要求される、当社の徹底的な試験に具体化されています。当社の品質保証手段は、カンナビノイドの成分の厳格なテスト原材料には遺伝的に改変されたものを使用していません。農薬、除草剤、化学肥料は使用していません。危険な汚染物質は含まれていません。もし、あなたが先端のニュースに通じているならば、あなたは、ヘンプがすべてを向上させるために世界を変えようとしていることを知っているはずです。HempMeds®は、賢明な改革、科学研究、そして何百万人もの消費者に愛されている天然物に委ねられた、この新興産業の最先端の立ち位置にいる存在です。

ヘンプメッズ 商品一覧へ
  • 1. RSHO・CBDオイルって何ですか?
    ●【グリーン・レーベル】
    【グリーン・レーベル】は、レーベル3タイプの中では最も野生のヘンプに近い構造のCBDオイルです。
    【グリーン・レーベル】は、ヘンプ植物からの抽出後に脱炭酸化はしておりませんので、オイルは生(なま)のまま。ヘンプを直接搾り取ったようなオイルです。脱炭酸化されていないので、ほぼ酸性型の状態を保ち、オイル中にカンナビノイド類が残存。当社のCBDオイルの中では最もカンナビジオール酸(CBDa)が配合されているため、【グリーン・レーベル】は高純度カンナビノイド類の効果を期待する方々には人気のCBDオイル製品です。CBDとCBDaに加え、【グリーン・レーベル】はビタミンやミネラル、脂肪酸やその他のカンナビノイド類がたっぷり。敢えてシンプルな製法で作られているので、同シリーズの中でも【グリーン・レーベル】は手頃なお値段に抑えられております。

    ●【ブルー・レーベル】
    【グリーン・レーベル】同様、ヘンプオイルがベース。脱炭酸化プロセスを経て、加熱することでCBDaをCBDに変化させたのが【ブルー・レーベル】です。バッチによっては17%前後という豊富なCBDを含有するこの【ブルー・レーベル】は、無濾過のオイル中に含まれる葉緑素や多くのビタミン類、ミネラル、そしてアミノ酸も生かされたまま。同シリーズでも中間の価格帯であるこの【ブルー・レーベル】は、自然なヘンプの組成はそのままに、CBD含有量を最大化に実現したCBDオイル製品です。

    ●【ゴールド・レーベル】
    【ブルー・レーベル】同様、この【ゴールド・レーベル】RSHOも、脱炭酸化により、ナチュラルなCBDaをCBDに変化させています。また、再度濾過することで、余分な樹脂や葉緑素、その他植物の持つ成分を除去。この精製プロセスが、CBDオイルの黄金色を引き立たせると共に、【グリーン・レーベル】や【ブルー・レーベル】が持つ葉緑素の風味がありません。こうした製法により、当社では【ゴールド・レーベル】は各バッチにつきCBD含有量が約24%という最も強力なCBDオイル製品となっております。

    ●【スペシャル・ブレンド】
    これひとつで高レベルのCBDが摂取できてしまう高濃度の脱炭酸化オイルが、このRSHOスペシャル・ブレンド!1回の使用量につき190㎎のCBDが摂れて、10gチューブにつき3800㎎のCBDという、当社では最も最強なCBDオイル製品です。
  • 2.RSHO・CBDオイルの利点とは?
    毎日CBDオイルを摂ることは、何よりも身体に自然に備わるエンド(内因性)・カンナビノイドを増大し、恒常性(ホメオスタシス)を高められます。
    カンナビノイドは、ヘンプが含有する活性化学合成物の一種。実に100を超える種類のカンナビノイドがヘンプ植物に含まれています。よく知られているのがCBD、CBN、そしてCBG。こうしたカンナビノイド類は、気分や睡眠、食欲、免疫反応などの身体機能に関わる内因性カンナビノイド・システムと共にシステムのバランスを有益にしてくれます。
    それだけではなく、CBDオイルのサプリメントなら、ビタミンやミネラル、オメガ脂肪酸、プロテイン、葉緑素、テルペンといった多くの栄養素も入っています。現代の食生活では不足しがちなこうした栄養素も、CBDオイルだけで摂ることができるというわけです。
  • 3.RSHO・CBDオイルはどのように働きかけるのでしょう?
    RSHOが含むカンナビノイド類は、エンド・カンナビノイド・システムの細胞内にあるカンナビノイド受容体に結合し、神経伝達物質に有益な働きをしてくれます。エンド・カンナビノイド・システムは主に、2つのカンナビノイド受容体で構成されており、CB1受容体は中枢神経系に、CB2受容体は末梢神経系に分布しています。
    こうしてエンド・カンナビノイド・システムがいったん補われると、より効率よく、毎日の身体パフォーマンスを最適化することができます。エンド・カンナビノイド・システムを毎日欠かさず補わなくてはいけないわけではありませんが、そうすることでCBDとシステムの効果の増大が期待できるのです。
  • 4.RSHO・CBDオイルは何でできているのでしょうか?
    RSHO・CBDオイルは、ほぼ、もしくは100%、純粋なヘンプオイルで作られています。アイソレート・タイプや合成のカンナビノイドとは違い、このフルスペクトラムなCBDオイルはヘンプ植物に含まれているのと同じカンナビノイド類を含有し、アントラージュ現象と呼ばれるカンナビノイドの作用を起こす完全ナチュラルなCBDオイルです。
    毎日のサプリとしてパーフェクトな当社のCBDオイルがすごいのは、カンナビノイドだけではありません。ベースとなるヘンプオイルにはビタミンやミネラル、脂肪酸、繊維質、タンパク質、葉緑素やフラボノイド、そしてテルペン類といった栄養素がたっぷり。どんな食生活にも取り入れられるいいことずくめの成分ばかりです。
    ヘンプには何種類ものカンナビノイド類が混じっていますが、その中心となるのがカンナビジオール酸(CBDa)とカンナビジオール(CBD)です。CBDaは生のヘンプの中にCBDよりも豊富に含まれておりますが、高レベルのCBDを得るため、生の状態のヘンプオイルを加熱してCBDaをCBDに変質させています。生体に備わるエンド・カンナビノイド・システムにおける相互作用を通し、CBDaとCBDが広い範囲でパフォーマンスを発揮するわけです。

    単純にCBDの摂取目的だけでなく、完全栄養補助食品としてCBDオイルは認知されつつあります。多くの栄養素を取り入れることができ、含まれているカンナビノイド類がエンド・カンナビノイド・システムに作用してアントラージュ現象を起こします。

    A、B、C、そしてEといったビタミン類は身体システムや器官を正しく機能させる重要な栄養素。マグネシウムや鉄、カリウムや亜鉛といったミネラル類は免疫機能、骨、代謝、酸素の運用において重要な役割を担っています。オメガ脂肪酸は繊維と同様、人体の健康には欠かせません。
  • 5.RSHO・CBDオイルはどう使えばいいのでしょう?
    RSHOなら色々な方法でCBDオイルを摂ることができます。


     同じように液体タイプの場合は、口から口内に含んで、1分ほど経ってから飲み込みましょう。お好きな飲み物や料理に混ぜてもいいですね。

     外用のクリームタイプは、皮膚に塗ってマッサージをしながら肌や筋肉、関節に浸透させてください。
  • 6.RSHO・CBDオイルって安全なのでしょうか?
    ヘンプメッズでは、お客様の安心と満足感のために、すべてを取り計らっております。お客様やそのご家族が常に安全かつ信頼を持ってお使いいただけるようなCBDオイル…そんな製品を作るために、多くの重要なステップを設けて製造に励んでおります。
    原材料として使用しているヘンプは、遺伝子組み換え作物ではないものです。すべて自然が生み出すチカラを利用していますので、当社製品は完全ナチュラルなヘンプによるものです。

    ヘンプは効率的に生体内蓄積される性質があるので、化学肥料、除草剤、農薬と言った、製品の残留汚染物質になるようなものは一切使用しておりません。お客様の健康をお守りするためにも、製品の質に関わり、副作用を起こすような化学物質の使用は避けております。

    ヘンプからCBDオイルを抽出するに当たり、当社ではFDA(アメリカ食品医薬品局)がGRAS認定(安全基準合格証)した超臨界二酸化炭素を用いたプロセスで行っております。溶媒には非中毒性のものを使っておりますので、当社のCBDオイルに汚染リスクはございません。

    品質と純度への取り組みは、業界一厳しいと言われる試験プロセス「トリプル・ラボ・テスト」を独自に開発。ISO/IEC17025:2005(※注1)規格に適った試験所で、当社のCBDオイルは安全性と一貫性を保証されております。こうした当社独自のプロセスにおいて3回に渡る試験を経て、製品が完璧に安全でお客様とそのご家族に安心してお使いいただけることがお分かりになるかと思います。

    RSHO・CBDオイルに重篤な副作用はありませんし、CBDオイル製品で酩酊することはございません。RSHOのようなヘンプ由来のCBDオイルは、それ自体が向精神作用を持つことはありません。当社の最高濃度の製品であっても同じです。

    ※注1:ISO/IEC17025:2005国際標準化機構によって策定された、試験所及び校正機関の能力に関する一般要求事項(General requirements for the competence of testing and calibration laboratories)の国際標準規格である。
  • 7.お値段は?
    2012年の創業以来、当社はCBDオイルの供給ラインを開拓し続け、セールスを拡大してまいりました。おかげさまでヘンプメッズは、より効率的にビジネスを展開させ、コスト節約にも励んでまいりました。
    こうした企業努力により、大切なお客様に還元すべく、現在のようにお手軽なお値段で、賞をいただくレベルの高品質なCBDオイル製品をご提供できるようになりました。すべての方々に手が届きやすく、かつ高品質な製品をご提供したく、CBDを必要とする世界中の方々にお使いいただきたく思っております。
    ヘンプメッズではRSHO・CBDオイル製品を、様々な価格帯で販売しており、サイトではご要望に応じた製品をベストプライスでご提供しております。また、定期的にRSHO・CBDオイルのセールも行っており、CBDオイルを手の届きやすいお値段でご購入いただけます。
  • 8.どれくらいで効果が表れるのでしょうか?
    人体の吸収率にもよりますが、用量や摂取方法などによって、CBDの効能が現れるのに数分から数時間かかると思われます。
    お客様の中にはCBDオイルの初回摂取から効果を感じる方もいらっしゃいます。CBDはその他のカンナビノイド類と同じく、体内に蓄積され、カンナビノイド受容体が増加し、内因性カンナビノイド・システムをより活性化させますので、摂りはじめるとカンナビノイドに対してより敏感になっていきます。
    もし効果が見えず、CBDオイルをやめてしまおうかと思っているなら、まずはCBDやその他のカンナビノイド類がきちんと体内に蓄積されるまで、とりあえずRSHO・CBDオイル一瓶(30~60日分)を使い切ってみることをお勧めします。
  • 9.ヘンプメッズ社の製品のCBD濃度はどれぐらいですか?
    弊社は、CBD濃度がわずかに異なる、多様なエキスを製造しています。その範囲は、今のところ7%から39.34%です。弊社では、複数のヘンプの栽培品種を使用し、いくつかの国の屋外の異なる気候条件の下で栽培しているため、その天然のオイル抽出物の最終的な生化学的組成にばらつきがあるのです。
    しかし、そのことで、いかに純度の高いCBD(カンナビジオール)をボトルに封入するかということに影響はありません。弊社製CBDオイルでは、1液量オンスにつき約250mgのCBD(カンナビジオール)を含有しています。ですので、もしエキスの濃度が20%だった場合は、40%のエキスの場合の2倍のエキスを注入します。製品となった容器の中のCBD(カンナビジオール)は、濃度に多少の違いはありますが、量は同じです。
    高濃度CBDオイル製品は、1液量オンス当たり1,500mgのCBD(カンナビジオール)が含まれています。繰り返しになりますが、これは、摂取する重量で比べると、その有用性には影響しませんが、弊社では、より高濃度のCBDオイル製品をお探しの消費者の方のために、このCBDオイル製品を発売しています。
  • 10.フルスペクトラム・ヘンプオイルとは?
    HempMedsの製品は、リアルサイエンテイフィック・ヘンプオイル™と呼ばれるフルスペクトラム・ヘンプオイルで作られております。フルスペクトラム・ヘンプオイルとは、豊潤なCBDと、多くのカンナビノイド類が含まれた特定の品種から、手間暇をかけて採取されたオイルのことです。
    フルスペクトラム・ヘンプオイルは、その90%をカンナビノイド成分が占めるカンナビジオール(CBD)を含有しております。その他のカンナビノイド類は、次の成分です。 カンナビゲロール(CBG)、カンナビノール(CBN)、カンナビクロメン(CBC)、カンナビシクロール(CBL)、カンナビトリオール(CBT)、カンナビエルソイン(CBE)、カンナビリプソール(CBR)、デヒドロカンナビフラン(DCBF)、カンナビフラン(CBF)、カンナビクロマノン(CBCN)、カンナビバリン(CBV)、カンナビジバリン(CBDV)、カンナビクロメバリン(CBCV)、カンナビゲロバリン(CBGV)、カンナビシクロバリン(CBLV)、カンナビノディバリン(CBVD)、カンナビトリオールバリン(CBTV)。
    当社のCBDオイルは、下記のカンナビノイド酸も含有しております。 カンナビジオール酸(CBDA)、カンナビゲロール酸(CBGA)、カンナビクロメン酸(CBCA)、カンナビシクロール酸(CBLA)、カンナビエルソン酸A(CBEA-A)、カンナビエルソン酸B(CBEA-B)、カンナビノール酸(CBNA)、カンナビゲロバリン酸(CBGVA)、テトラヒドロカンナビバリン酸(THCVA)、カンナビジバリン酸(CBDVA)、カンナビクロメバリン酸(CBCVA)。
    フルスペクトラム・ヘンプオイルには、次のような、その他さまざまな形のカンナビノイドも含まれております。 カンナビジオールC1(CBD-C1)、カンナビジオールC4(CBD-C4)、カンナビノール(CBN-C1)、カンナビノールC2(CBN-C2)、カンナビノールC4(CBN-C4)、カンナビノジオール(CBND)、カンナビゲロール酸モノメチルエーテル(CBNM)、エトキシカンナビトリオバリン(CBTVE)。
    これらの少数派カンナビノイド類の多くは未だ科学的調査がなされておりません。ですが、摂取されたカンナビノイド類が互いに反応して「アントラージュ効果」を起こすように、少数派カンナビノイド類は、このCBDオイルの中では貴重な存在です。カンナビノイド類がそれぞれ個別に摂取されてしまうと、「アントラージュ効果」が起こすそのシナジー効果は、減少するか、無くなってしまうからです。当社のCBDオイルはひとつひとつに均質化されたCBDを提供すべく、標準化されております。そのため、カンナビノイド類はそれぞれが容量中ほぼ1%以下ですが、その種類は豊富なのです。
  • 11.RSHOシリーズについて
    ●RSHO・CBDオイル
    ヘンプメッズ製品の中でも最も純度の高いCBDオイル、RSHO・CBDオイルは、そのパワーも一番強力なシリーズです。【グリーン・レーベル】は一回服用量につきCBDが50㎎、【ブルー・レーベル】は85㎎、そして【ゴールド・レーベル】は120㎎、というようにご希望に合わせてカンナビジオールを摂取することができます。更に【スペシャル・ブレンド】には0.5g中190㎎のCBDが含有され、当社製品で最高濃度のCBDオイルです。とにかく高濃度のCBDを、という方には、大変おすすめです。
    濃厚で粘り気のあるCBDオイルは高レベルのCBD、あらゆるビタミン類、ミネラル、脂肪酸をたっぷり含有しておりますので、鮮度を保つために冷蔵庫で保管ください。簡単に用量分出せるアプリケーター付きですから、スプーンや指の上に押し出して、口内に置いて摂取することができます。

    ●RSHOティンクチャー
    RSHOシリーズではオイルは最も強力な処方となっておりますが、同シリーズのティンクチャーはCBDを一番低濃度に抑えてあります(一回用量分あたり4~10.5㎎)。また、当社のCBDオイル製品ではお値段も一番お手頃。そのため、ビギナーさんや、低濃度CBDをお求めの方々に大変支持されております。
    このRSHOティンクチャーは、サステナブルなパームオイルとオーガニックなココナッツオイルから作られたMCTオイルと【ブルー・レーベル】CBDオイルを合わせた処方。摂取方法は、口内に含ませて1分そのままにしてから、飲み込んでください。小さいサイズなら、持ち歩きやすく、旅行などにも便利です。

    ●RSHOリキッド
    RSHOでは一番新しいタイプで、高濃度のオイルと低濃度のティンクチャーのちょうど中間のCBD含有量があります。オイルと同様に、こちらも3つのレーベルでお求めいただけます。一回服用量あたり約31㎎のCBDが摂取でき、一瓶には1000㎎が含有されています。
    ティンクチャーと同じく、このリキッドもパームオイルとココナッツオイルから作られたMCTオイルが使われており、そのままでも、飲みものや料理と混ぜてもお使いいただけます。手軽にCBDはもちろん、ビタミンやミネラルを補給することができます。
  • 12.RSHO・CBDオイルって合法ですよね?
    コンパッショネート使用やレクリエーション使用など、近年何かと大麻草は世界中で議論を呼んできました。しかしながらこうした風潮が大麻草に関する混乱や誤解を招いております。

    ●合衆国で栽培されるヘンプ
    合衆国では、産業用ヘンプからCBDオイル製品を作ることは合法的ですが、肝心の栽培に関しては、2014年のファーム・ビルのプログラムで承認された場所以外では、未だに多くの場所で違法となっているのが現状です。そのため、当社では原料となるヘンプオイルを海外から輸入しております。

    ●ヘンプ由来のCBD
    今、世界中でヘンプがCBDなどのカンナビノイド類の源として注目が集まっています。ここ合衆国では、合法ヘンプと見なされています。
    ヘンプメッズは製品開発のために必要なカンナビノイドの最適比率を持つ原料を見つけるため、北ヨーロッパの栽培者たちと共に3000もの品種をテストし、吟味しました。こうして見いだされた最高級のヘンプから作られたオイルは、CBDがたっぷり含まれています。

    ●栄養補助食品としてのCBDオイル
    栄養補助食品としてならば、全50州にてヘンプ由来のCBDは合法となります。ヘンプメッズではCBDやビタミン、ミネラル、脂肪酸、テルペン類、フラボノイド、そしてその他のカンナビノイド類を毎日摂取できる商品を取り揃えております。ヨーロッパや中東、東アジア、そしてラテンアメリカといった国々を含む40カ国以上で、合法的に輸入販売されております。

    ●処方薬としてのCBDオイル
    また、CBDオイルを処方として承認した国もあります。
    ブラジルでは現在、医師の処方箋があればRSHO・CBDオイルを輸入することができ、ブラジル政府により完全に助成されています。
    メキシコでもTHCゼロのRSHO-Xが、CBDオイルとして使用を認可されました。
ウェブサイト免責事項
当ウェブサイトには、食事および健康、栄養に関する情報を掲載しています。当該情報は忠告ではなく、またそれと同等に扱ってはなりません。当ウェブサイト内の一般的な情報は、いかなる表明または保証を含まず、また、明示または黙示を問わず「ありのまま」の形で提供されるものです。ヘンプメッズ社(以下、同社)は、当ウェブサイトの健康に関する情報に関連して、いかなる保証責任も負いません。当ウェブサイトの利用者は、当該情報を、医師または他の医療関係者の忠告の代替として取り扱ってはなりません。現在何らかの病状にお悩みの方は、直ちに治療を受けることをお勧めします。利用者は、当ウェブサイトや弊社関係者の情報を理由に、診察を遅らせたり、医師の忠告を無視したり、これまでの医療サービスを停止しないようにしてください。当ウェブサイトの情報は、当社又は当社の任意の担当者から提供された情報であるため、診断または忠告、治療の代替として扱われることを意図するものではありません。ご自身のライフスタイルまたは食生活や栄養面での変化を望む場合、医師または他の医療関係者にご相談ください。
同社およびその代理店は、いかなる医療的な忠告も行なっておりません。当ウェブサイトまたは他の同社および代理店の資料に明記された、または、電話または電子メールで提供された概念、提案、お客様の声などのいかなる情報は、その内容以外の事柄を暗示するものではありません。当ウェブサイトは、第三者のウェブサイトへのリンクを含んでいます。同社は、当該リンクを便宜上掲載するものであり、そのいずれも推奨するものではありません。同社は、当該リンク先のウェブサイトについて、その内容に責任を負うものではなく、サイト上の資料などに関してなんら表明するものではありません。同ウェブサイト上の情報の閲覧と使用については、お客様の責任で行なってください。
食品医薬品局 (FDA) 開示
上記内容は、米国食品医薬品局(FDA)によって評価されたものではありません。当製品は、いかなる病気の診断、治療、治癒、予防を意図するものでもありません。

ヘンプメッズ社の特徴

全てにおいて信頼のおけるCBD会社、それがヘブンメッズです。 ヘンプメッズ社の特徴

CBDオイルの業界におけるパイオニアであり、未だに揺るぎないトップ企業と言えるのが、このヘンプメッズ社です。世界で初めて合法的にCBDオイル製品を開発し、常にこの業界のトップとして走り続けてきたその歩みは、他の追随を許しません。

ヘンプメッズの大きな業績のひとつは、何といっても、世界に先駆けて、アメリカやその他多くの国々にCBDオイルを供給できるパイプラインを作ったこと。この供給ラインによって、ヘンプメッズのみならず、CBDオイルの存在が広く認知されるようになりました。

このように、まだ日の浅いCBDオイル史において、既に多くの業績を残してきたヘンプメッズ社。そのCBD製品は常に一定した品質管理がなされ、ユーザーの信頼を勝ち得ています。第三者試験機関において、3回の検査試験を行ったのも、ヘンプメッズ社が先駆けて行ったことのひとつであり、濃度や汚染物質などを厳しくチェックしています。

また、オイルのクオリティはもとより、その製品の使いやすさ、パッケージングの完璧さは、まさに業界ナンバーワンの名に恥じないものと言えるでしょう。加えてシンプルかつパワフルなアートディレクションも、ユーザーを引き付ける魅力のひとつとなっています。

すべてにおいて信頼のおけるCBD会社、それがヘンプメッズ社です。

ヘンプメッズ社の製品

ヘンプメッズ社の品質管理

原料へのこだわり
長い歴史、豊富な経験から導き出す厳選された原料ヘンプメッズ社では製品の原料に、ヨーロッパ産ヘンプを使っています。これは商業用ヘンプの栽培がアメリカで制限されていることもありますが、何よりもヘンプ栽培に関してはヨーロッパでの歴史が長く、経験が深いことがその理由です。
何世代にも渡ってヘンプ栽培に携わってきたEU諸国の農家の中から、3000人もの栽培者を選定し、理想的なカンナビノイド成分の割合を持つヘンプ生産を委託。穏やかな欧州の気候の下、プロフェッショナルたちの手で栽培されたヘンプにより、数々の受賞歴があるヘンプメッズ社製品が生まれているのです。
Triple Lab Testing™の導入
Triple Lab Testing™の導入会社紹介でも触れておりますが、CBDオイル業界においてヘンプメッズ社は、あらゆる意味でパイオニアとしてこの業界を先導してきた存在だと言えます。それは品質管理システムの確立においても同様で、今日では当たり前になっている複数回および複数試験所による検査管理体制を導入したのも、このヘンプメッズが先駆けて行った業績だと呼んでも過言ではないでしょう。
ヘンプメッズ社では、「個人が自分自身の健康に対して、何を消費しているのかをきちんと知っておくべきだ」という強い考え持っています。そうした信念から、それまでは存在していなかったカンナビノイド製品の標準化された検査プロセスを、2012年の創業時に考案し、確立させました。「Triple Lab Testing™」(トリプル・ラブ・テスティング:三回試験所検査)と命名されたそのプロセスは、品質を安定させ、安全な製品を生産していくための厳しい試験システムです。すべての製品はそれぞれ、いくつかの独立した試験所に送られ、安全性および一貫した品質基準を維持するために、製造過程において3回の試験を通されるというものです。
このトリプル試験を行う上で、ヘンプメッズ社がパートナーとしている試験所、「プロ・ヴェルデ研究所」が、その試験の模様をビデオ化しております。
厳しい検査方法

厳しい検査方法実際に購入されるお客様の立場に立ち、お客様の期待に適う品質レベルを保ちたい。そのためにも、このトリプル試験は、今日のヘンプメッズ社製品のクオリティ維持の要となってきました。溶媒や重金属、殺虫剤、農薬などといった有害残留物質がないか、製品の安全性を厳しく検査するトリプル試験のタイミングは次の通りです。

① 第1試験 ヘンプからオイル抽出後
② 第2試験 ヨーロッパから出荷後、アメリカ到着時
③ 第3試験 各最終製品のサンプルからカンナビノイド成分と安全性を検査

品質の管理を徹底このような過程を経て、品質の管理を徹底しています。
 
こうした細やかなプロセスを確実に経ることで、ヘンプメッズ社製品の信頼は生まれたと言えるでしょう。ブラジルとメキシコで最初にCBDオイルを紹介できたという実績も、こうした絶え間ない企業努力によるものなのです。