Keywords :

980円 / ビーマイン / カプセル / スキンバーム / シャンプー / リップ / ヘンプタッチ / エンドカ

カンナビノイドの種類について 2017.12.11

先週はカンナビノイドについて少し説明をさせていただきました。


実はカンナビノイドは3つの場所に存在することをご存知でしたか?


1つ目は植物の中、2つ目は私たちの体内で自然に生成されるもの、3つ目は研究所で人工的に生成されるものです。


アナンドアミドや2-AGなどのエンドカンナビノイドは、人体が自然に生成するカンナビノイドを意味します。


サンスクリット語で『至福』を意味するアナンドアミドは、THCとその構造や効果が似ています。一方、2-アラキドノイルグルセロールまたは2-AGはCBDに似ています。


※アナンダミド (anandamide) またはアナンダマイドは、アラキドノイルエタノールアミド ( arachidonoylethanolamide, AEA) とも呼ばれる、神経伝達物質あるいは脂質メディエーターの一種で、内因性のカンナビノイド受容体リガンド(内因性カンナビノイド) として最初に発見された物質です。


※ 2-AG(2-ArachidonoylGlycerol)とは2-AGはカンナビノイド受容体CB1の内在性アゴニストで,NG108-15細胞内のカルシウム濃度を素早く一過的に上昇させることが知られています。アナンダミドと異なり,中枢神経系に比較的高濃度に存在します。


ファイト・カンナビノイドは植物に含まれいる成分を指します。ヘンプや大麻草を摂取すると、ヘンプ・大麻草に含まれるカンナビノイドが身体に吸収されます。(吸収され受容体と結合します)


しかし、体内のエンドカンナビノイドシステムと相互作用するカンナビノイドのような化学化合物は、エキナセア、ブラックペッパー、カカオにも含まれていることが知られています。


研究所で合成カンナビノイドを生成することも可能です。これらの合成カンナビノイドは天然のカンナビノイドの効果を模倣し、新たな薬品治療を開発するためにファイト・カンナビノイドとともに利用することができます。GW製薬会社が開発したサティベックスなどの製品を指します。


カンナビノイドは、喫煙、ヴェポライザー、経口摂取、口内吸収、経皮貼布など、複数の手段で投与することができます。


皆さまの健康サポートにCBDオイルは最適なサプリメントです。