睡眠負債 2018.08.02

睡眠負債

睡眠負債とは?

2017年のユーキャン流行語にランクインした【睡眠負債】という言葉。睡眠負債は、単なる”睡眠不足"という以上に睡眠不足=負債、借金、債務の累積を意味した意味合いになります。つまり、睡眠不足は、その日だけの問題ではなく、解消しなければ毎日積み重ねられていく健康維持に深く関わっています。

近年大手企業で起こった長時間労働で自殺した問題や睡眠負債による社会的経済損損失は計り知れません。ヨーロッパ研究レポートによると睡眠時間の不足が仕事の生産性を低下させることを指摘しています。

睡眠時間が6時間未満の人が7時間の睡眠をとった場合、年間でどれくらい経済損失が改善されるかを推定し、発表しています。アメリカに次いで日本の睡眠負債による損失は、15兆1800億円とも言われています。

睡眠不足は命を縮める行為

研究レポートによれば、6時間未満の睡眠時間しかとっていない国民の比率は先進国の中で最も高く、日本の人口の16%が6時間未満の睡眠時間だとされています。

自治医科大学で行った調査では、4419人の日本人男性を対象に睡眠時間が6時間以下の人と7~8時間の人を比べたところ、その死亡率は6時間以下のグループのほうが2.4倍高くなるという結果が出ています。

一昔前は睡眠の質がよければ、短時間の睡眠でもいいという風潮が出回った時期もありましたが、睡眠時間の不足を放っておくことは、自らの命を縮める行為であることを再認識する必要があります。

睡眠不足や睡眠の質を高めるには、体内のエンドカンナビノイドシステムを正常にすることが一番重要です。天然由来のヘンプから抽出された希少なカンナビジオールを日頃から摂取することで健やかなライフスタイルを提供することが可能です!当サイトの最高品のCBDオイルを摂取することをおすすめします。