大麻由来ではないCBDオイル製品を選ぶ理由 2018.08.03HempMeds

大麻由来ではないCBDオイル製品を選ぶ理由

ヘンプメッズは、ヘンプを利用して作られていない新しいタイプのCBDオイル製品を発売しました。この製品はヘンプではない資源を利用しています。特別な種類のホップを使用して作られたRSHO-Kは、商品としてのCBDに対する見方に革命を起こします。本記事では、RSHO-Kのような大麻由来ではないCBDサプリメントを選ぶ素晴らしいメリットの一部を消化します。


1.THCフリー

CBDサプリメントを使用する人にとっての主な懸念事項の一つは、THCに触れるのではないかという恐れです。就職時の薬物検査であろうと、軍人または退役軍人であろうと、競技スポーツ選手であろうと、一部の人はいかなるTHCも吸収していないことを確信したいと感じています。子供や年老いた両親にCBDを与えたいけれど、微量でもTHCを含むCBDオイル製品は避けたいという人もいるでしょう。


THCフリーのCBDオイル製品を選ぶ理由に関わらず、RSHO-KにはTHCが含まれないことに関しては自信を持つことができます。なぜなら、ヘンプや麻といった大麻草とは異なり、クリヤ・ブランドのホップのようなホップ植物には微量のTHCも含まれないからです。


2.議論の余地がない

CBDは精神活性作用がなく、THCと同じように乱用することはできないにも関わらず、同じような植物由来であるという事実だけで、違法なTHCと結び付けられ続けています。


これまでヘンプメッズでは、ヘンプ由来のCBDオイルにはごく微量のTHCしか含まれないことを説明してきました。精神活性効果のために人気があるTHCを高濃度含む大麻とヘンプでは、カンナビノイドの内容が異なります。とはいえ、政府を含む多くの人の頭の中ではヘンプと大麻は近すぎる関係です。


RSHO-Kは別の種類の植物クリヤ・ブランドのホップからCBDを抽出することによって、この議論を完全に回避します。理由を問わず、CBDの供給源として大麻を避けたいすべての人にとって、RSHO-Kは最適な選択肢となります。これからは、大麻にも、それにまつわる議論にも触れることなく、CBDサプリメントを楽しむことができます。


ホップ由来のCBDは、大麻草から抽出されていないので、大麻由来のCBDとように地方政府や国の政府によって帰省されていません。これによって、これまでCBDを利用することができなかった人々にもアクセスできるようになります。


3.FDA認証済みの食品成分

ホップは大麻よりも標準的な消費者製品であるだけでなく、食品成分としてFDA(食品医薬品局)に認証されており、またFSSAI(インド食品安全基準局)も承認しています。実際、ホップならびにホップ抽出物はすでに飲食品業界で幅広く使用されています。ホップは規制機関によって認められている一般的な食品なので、安心して毎日摂取したり、大切な人にあげたりすることができます。