Keywords :

980円 / ビーマイン / カプセル / スキンバーム / シャンプー / リップ / ヘンプタッチ / エンドカ

新鮮さを保つためのCBDオイル保管方法 2018.08.15Dixie Botanical

CBDオイルの新鮮さや品質を保つためにできるアドバイスを紹介します。


これを読んでいる人は、トレーニングや生活においてCBDオイル・サプリメントは必須要素だと感じているでしょう。CBDオイル製品の鮮度を維持することは、バランスのサポートやより優れた運動パフォーマンス、より迅速な回復を促すエンドカンナビノイドシステムを効果的に刺激するための重要なポイントです。


本記事では、より長期間、品質を保てるCBDオイル・サプリメントの保管場所について覚えておくべきことを紹介します。


CBDに消費期限はあるの?

CBDオイルを使用する人の多くが、毎日のルーティーンに取り入れながらも、その後消費期限について心配する必要がありません。CBDがワークアウトやスポーツ競技前または後の習慣になっているなら、定期的に新しい製品を取り入れているでしょう。


とはいえ、CBDオイルが可能な限り新鮮であるか知りたいですよね。だからこそディキシーボタニカルズの全CBDサプリメントには、それぞれの容器に付いているバッチ番号とともに消費期限が明記してあります。


消費期限は製品タイプによって微妙に異なることがありますが、一般的にはサプリメントが製造された日から約2年間です。


複数の要因がCBDオイル製品の保存期間に影響します。しかし、適切に保管すれば、CBDオイル・サプリメントは製造日から約24ヶ月もちます。開封後は、過酷な条件下でなければ、約6ヶ月間、カンナビノイド濃度や鮮度を維持することができます。


CBDサプリメントの正しい保管方法

CBDオイルの保管方法は、鮮度がどれくらいの期間維持できるかに影響します。時期尚早にCBD製品が分解されるのを防ぐために、カンナビノイドの劣化を引き起こす条件に露出しない場所に保管しましょう。


CBDを正しく保管するために以下の4点を守りましょう。


・涼しい場所を選ぶ
・乾燥している場所を選ぶ
・暗い場所を選ぶ
・不必要な空気への露出を避ける


光と熱はCBDの劣化を引き起こします。そうなると、CBDオイルから最大限のバランス効果を得ることができません。ディキシーボタニカルズのCBD製品は、光によるダメージから保護されるよう設計された容器を採用しています。例えばディキシーボタニカルズ・デュードロップスは、琥珀色のガラス瓶に入っています。


光と熱への露出を避けることでCBDの鮮度の維持をさらに保証できます。例えば、CBDをオーブンやヒーター、ドライヤーといった熱を発する電化製品のそばに保管するのはいい考えではありません。


ディキシーボタニカルズのCBDオイル製品はお出かけに持っていくのにぴったりですが、目的地到着後に車の中に保管しないようにしてください。また、太陽光に直接当たる窓際からCBDオイル製品を遠ざけてください。


ディキシーボタニカルズのCBDオイル製品は、外気との接触を防ぐために密閉容器にパッケージされています。光や熱と同じように、空気もCBDのような天然カンナビノイドの分解の要因となります。


CBDオイル製品は元々の容器にとどめておくようにしてください。別の容器に移さなければならない場合は、長期的に保管するのに理想的な容器であることを確認してください。また、使用後は毎回きっちり蓋がしまっているか確認してください。


以下はディキシーボタニカルズがお勧めするCBDの保管場所です。


・食料棚
・ロッカー
・薬棚
・冷蔵庫
・地下室
・貯蔵室
・戸棚
・ベッドサイドテーブルの引き出し
・机の引き出し


CBDオイルの適切な保管は、製品の賞味期限や効力に大きな違いをもたらしますので、CBDサプリメントが必ず鮮度を維持できる場所に保管できるようにしましょう。