CBDオイルの摂りすぎはありえる?自分に合った摂取量を見つける方法。 2018.10.01Dixie Botanical

CBDオイルの摂りすぎはありえる?自分に合った摂取量を見つける方法。

多量のCBDを摂取した時でさえも、CBDは安全であり、かつ耐容性良好であることが示されています。

あなたは、運動競技やトレ-ニングの日課にCBDサプリメントを追加することが必然的に運動能力を高め、より良い回復を促すことについて聞いたことがあるかもしれませんが、大麻製品の使用の安全について不安に感じています。

より多くの人がバランスの取れたCBDの利点を理解し、初めてCBD製品を日々の習慣に取り入れ始めるにつれて、CBDを摂取し過ぎることはあるのかどうかと聞かれることが増えています。CBDサプリメントは、より健康志向の人々に受けいれられているので、それが懸念事項でも驚くことはありません。

幸いなことに、CBDは安全であり、耐容性良好な物質です。中毒性はなく、最低限の副作用しかないので、もし不注意で予定していたよりも多くの量を摂取したとしても、危険な副作用を経験することはないので安心できます。

とはいえ、常に最適のCBD量を摂取することに細心の注意を払うことは、毎日のサプリメントがもたらす本来の利点を極限まで増し、起こりえる副作用を最小限にします。

ここでCBDの安全性および摂取すべき量以上に摂取しないことを確認する方法についてより詳しく説明します。

CBDは安全でかつ耐用性良好だけど、常用薬がある人は注意しよう

多量に摂取された時でさえも、CBDは安全であり、人体にとって毒性はありません。研究者は1日1,500mgまでの高用量のCBDは人体にとって耐用性良好であると報告された証拠を発見しています。ディキシーボタニカルズのCBD製品で推奨されている一度の摂取量よりもかなり多い量です。

CBDで致命的な過剰摂取になることは不可能です。今日に至るまで、CBDオイルを含む大麻による致命的な過剰摂取は起きていません。

とは言いますが、CBDの多量摂取は知られている幾つかのささいな副作用の危険性を高める可能性があります。もし、多量摂取した場合は、下記の症状を体験するかもしれません;

•口の渇き

•低血圧

•軽い頭痛

•眠気または覚醒状態

何かしらの薬を摂取している人々は、CBDの飲食が肝臓による通常の薬の分解に影響を与えるかもしれないことに注意することも重要です。CBDは一時的にある特定の肝臓酵素を妨げて、特定の薬の分解を防ぐため、それらの薬を時間と共に蓄積し、より強力にすることを示す幾つかの証拠があります。

基準はなし!摂取すべきCBD量は人それぞれ

どれほどの量のCBDが最適かと言う問いの基準になる答えはありません。実際には全ての人のそれぞれのCBD必要量はさまざまであり、人々はサプリメントに対して異なった反応をします。

食品医薬品局(FDA)が最も信頼できるこのような種類の情報源ですが、連邦政府関係機関はCBDの一日の推奨摂取量(RDI)を未だ設定していません。

ディキシーボタニカルズはFDA法令に従うので、製品にRDIを明記していません。しかしながら、理想的なCBD量を決めるのに役立つように製品には推奨される1回の分量が書いています。

ディキシーボタニカルズはさまざまな濃度のCBDを揃えているので、誰もが自分のCBDのニーズに最適なものを見つけられます。最もCBD濃度が低いデュードロップ・チンキ剤は1回の分量に1から3mgが含まれます。一方、最も濃度が高いCBDアイソレートは、1回の分量を容易にカスタマイズできる1グラム容器で990mgのCBDを含む純度99%のパウダーです。 

CBD初心者は、デュードロップ・チンキ剤から始めることをしばしば好みます。CBDの効果に一度慣れてくると、CBD アイソレ-ト、ダブオイルやCBDベイプカートリッジのようなより高濃度のCBD製品をえらびます。

自分に適したCBDオイルの摂取量を見つけるには、少量からスタートすること

ほんの少しの時間であなたにとって最適なCBDの分量を見つけられます。最も適したCBDの分量を見つけようとする時に気にかけることは、「少量から始め、ゆっくりと進める」ことです。

少量のCBD分量から始めて、どのように感じるかを観察してください。そして同量を数日間続けてみてください。

毎週のように少し増量して摂取し、その間ずっとCBDに対してどのような反応をするか観察をしてください。推奨摂取量に達するまで徐々に続けてください。

推奨摂取量に達した時点で、推奨摂取量があなたに適しているかどうかまたは摂取量を増やしていくべきかどうか決定できます。ある人は少量が最適ですが、一方で多量でより良い効果を得る人もいます。

この「少量から始め、ゆっくりと進める」方法は、CBDサプリメント摂取の日課を安全に始めることができ、摂取すべきCBD量を選ぶのに役立ちます。